2022年5月24日火曜日

梅雨時期に多い動物の皮膚病について

段々とジメジメとする季節になってきました。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。


梅雨時に湿度と気温が高くなると、

細菌やカビ(真菌)が増えやすい環境になってきます。

今回はそんな季節に多い、皮膚病について書いていきたいと思います。

皮膚病には主に細菌性皮膚炎と真菌性皮膚炎があります。


細菌性皮膚炎とは

皮膚にもともといる細菌や他から感染した細菌が悪さをして皮膚に炎症を起こします。

毛と一緒に白や黄色のかさぶた状のものが抜けることがあります。

一晩で広範囲に毛が抜け急激に進むものもあります。

真菌性皮膚炎

カビの一種が原因になります。

一部のカビは人獣共通感染症といって、飼い主にも感染する可能性があります。

耳の中での感染もみられることがあります。耳の中や足の裏など汗をかくところに繁殖するので、こまめな確認が必要です。


下の写真は当院でカビの培養検査したものです。症状のある部分の毛を少し抜いて2週間培養します。

陽性のものは赤く変化し、カビが生えてきます。

左:陰性 右:陽性

皮膚炎にかかりにくくする為には

・皮膚を清潔にシャンプーなど定期的にしましょう。当院のトリミングについてはこちら
・環境をととのえてあげましょう。夏は特に湿度など、また散歩後に
四肢を綺麗に拭いてあげることも大切です。



早期の発見が大切になりますので
不安な事やわからないことがありましたら、
お気軽にお尋ねくださいね。

045-953-2380
井上 快


2022年5月13日金曜日

フィラリア予防のご案内


なんだか天気がすっきりとしない日々が続いております。



さて、春になるとフィラリア予防が始まります。

当院でも今年度フィラリアの感染は見つかっており、身近な病気の一つでもあります。

一方、近年の傾向として室内で犬を飼育されている方が多く、フィラリア症に対する意識はあまり高いとは言えないのが現状です。

フィラリア症は蚊が媒介する疾患ですので、室内犬でも感染する機会はあります。



また、下図のようにフィラリア感染犬からどんどん広がっていくのが特徴です。

詳しくは当院HP健康コラム「フィラリア予防のご案内」をどうぞ




フィラリア症は、自分の飼い犬が被害者にも加害者にもなる病気です。

フィラリア予防薬を使用することでほぼ100%予防が可能になります。

みんなで意識して予防することで、旭区から病気の撲滅を図りたいと考えています。


ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

℡045-951-2380


井上動物病院 井上 快


2022年5月2日月曜日

狂犬病予防接種のお知らせ

狂犬病予防注射のお知らせ


みなさんは今年の狂犬病予防接種はもう済みましたか?



役所から届いた書類を持って、かかりつけまたはお近くの動物病院で接種しましょう!

予防注射の接種に不安がある方は、ご自身で判断せずに
かかりつけの先生に相談しましょう。

狂犬病に関する詳細はこちらです。
(リンク先は日本獣医師会HPの狂犬病情報)


当院でも、狂犬病予防注射の接種が可能です。


予約等も必要ありません。



狂犬病は、犬だけでなくヒトも発症すると
ほぼ100%死亡するとても怖い病気です。


ヒトへの感染のほとんどが犬に咬まれることで発生します。
ですので、予防接種で犬に感染させないことがなにより重要になるわけですね!

狂犬病について、わかりやすい動画がありますので、
参考にしてみてください!(約2分半)

横浜市獣医師会 狂犬病啓発ムービー 


狂犬病の予防注射は、狂犬病予防法という法律で、
すべての飼い主さんに毎年一回の接種が義務付けられています!


これからも狂犬病のない平和な日本であり続けるために、
必ず接種しましょうね!


不安なことがありましたら、動物病院までご相談くださいにゃ!


 井上動物病院


 

2022年4月26日火曜日

2022年度ゴールデンウィーク期間中の診察時間について

 

2022年GW期間中の診療のご案内

2022年度のゴールデンウィーク期間中の
診療日程をお知らせいたします。

4/29(金) 午前9:00~12:00 午後16:00~19:00
4/30(土) 午前9:00~12:00 午後16:00~20:00
5/1(日) 午前9:00~12:00 午後16:00~19:00
5/2(月) 午前9:00~12:00 午後16:00~20:00
5/3(火) 午前9:00~12:00 午後16:00~19:00
5/4(水) 午前9:00~12:00 午後16:00~19:00
5/5(木) 休診
5/6(金) 午前9:00~12:00 午後16:00~20:00
5/7(土) 午前9:00~12:00 午後16:00~20:00
5/8(日) 午前9:00~12:00 午後16:00~19:00

 

ご心配なことがありましたら、ご来院ください。
例年通り、祝日は午前9:00~12:00、午後16:00~19:00となります。
(木曜は休診です)


また今年も、ゴールデンウィーク期間中のホテルは混雑が予想されます。
ご希望の方は、お早めにご予約頂きますようよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィーク期間中の診療に関することでご質問がありましたら、
お電話ください。

☎045-951-2380


2022年1月29日土曜日

2022年1月よりノミ、ダニ、フィラリア予防薬の価格が変更になりました。

  

2022年1月よりノミ、ダニ、フィラリア予防薬の価格が変更になりました。

画像がうまく表示されない場合はこちらからどうぞ

 

 

 2022年1月より会計システムの変更に伴い、ノミ、ダニ、フィラリア予防薬は個別に処方することになりましたので、価格を従来より値下げいたしました。予防薬はノミ、マダニ、フィラリアまとめて効果があるものや、個別に効果があるものなど種類が様々です。ライフスタイルに合わせて選ぶことをお勧めいたします。どの予防薬がよいわからない場合は、獣医師にご相談ください。それぞれの予防薬の価格は本ページの下にまとめてあります。

 

 

ノミ・マダニ予防について

 

暖かくなってくると、ノミやマダニによる被害が多くなります。ノミやマダニによって引き起こされる病気や予防法についてまとめたいと思います。

 

ネコノミ

マダニ

 

写真:バイエル薬品株式会社(Life with Petより引用)

 


ノミやマダニによっておこる病気

 

ノミやマダニが動物の体表に寄生すると、皮膚炎などを引き起こすことがあります。しかし、本当に注意しなくてはいけないことは【多くの病気を運んでくる】ということです。中でも注意するべきは、動物だけでなく私たちにも感染する病気があります。下記に代表的な病気や近年話題となっているものをピックアップしました。ヒトに感染する可能性のあるものは【ヒトと動物】と表記しています。

マダニは思わぬところに寄生しています。よく注意して観察する必要があります。

 

写真:当院に来院した犬のまぶたに付着していたマダニ

 



ノミが運んでくる代表的な病気
病名病原体

詳細

瓜実条虫症

まれに【ヒトと動物】

写真:バイエル薬品株式会社(Life with Petより引用)

                    

瓜実条虫

          

いわゆるサナダ虫。虫体の一部が便と一緒に排せつされることで発見されるケースが多いです。虫の長さが50㎝近くになることもあります。下痢や肛門周囲のかゆみなどを引き起こし、まれにヒトの乳児、小児にも感染することがあります。

ヘモプラズマ感染症

(猫伝染性貧血)

写真:wikipedia (Feline infectious anemia (Mycoplasma Haemofilus)より引用)
マイコプラズマ菌犬や猫の赤血球に感染し、特に猫で重症化することがあります。重度な貧血を引き起こし、輸血が必要となることもあります。治療には抗生物質が使用されますが、一度感染すると病原体は完全に除去することはできません。再発をすることがあるので注意が必要です。

猫ひっかき病

【ヒトと動物】

写真:Harmsら(Intruders below the Rader: Molecular Pathogenesis of Bartonella spp.より引用)

バルトネラ菌猫に引っかかれたり、ネコノミに刺咬されたりすることで感染します。猫は無症状なので、見た目では分かりません。定期的なノミの駆除が重要な予防法です。ヒトへの感染が多く報告されています。ヒトではリンパ節の腫れ、発熱、悪寒などの症状がでることがあります。
   
マダニが運んでくる代表的な病気
病名病原体

詳細

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

【ヒトと動物】

写真:国立感染症研究所より引用

SFTSウイルス2011年に特定されたヒトの新しいウイルス感染症で、発熱、消化器症状を引き起こし、重篤化すると死亡することもあります。マダニの刺咬により感染します。マダニの運び屋としてペットが注目されています。動物では無症状の事が多いですが、不明な点が未だ多い病気です。

犬バベシア症

写真:バイエル薬品株式会社(life with Petより引用)

バベシア原虫バベシア原虫は、犬の赤血球の中で増殖し、貧血を引き起こします。マダニの刺咬により病原体が侵入します。治療には、輸血や抗原虫薬を使用しますが、死に至ることも多い病気です。予防がとても重要になります。

日本紅斑熱

【ヒトと動物】

写真:馬原文彦著(日本紅斑熱の発見と臨床的疫学的研究より引用)

リケッチア菌マダニの刺咬により病原体が体内に侵入します。ヒトでの主な症状は、発熱と発疹です。犬への感染は明らかになっていませんが、マダニを運ばないようにすることが重要です。

ライム病

【ヒトと動物】

写真:千葉科学大学(増澤俊幸研究室より引用)

ボレリア菌マダニの刺咬により感染します。欧米では、年間数万人のヒトでの発生があり、日本でも発生が報告されています。皮膚症状、神経症状、眼症状などを引き起こします。犬も同様な症状を引き起こします。マダニを付着させないことが重要になります。

以上のように、ノミやマダニに刺されることで多くの病気に感染します。したがって、ノミやマダニに刺咬されない、付着させないことが予防における重要なポイントとなります。

 

 

フィラリア予防について

 

このコラムでは、主に予防薬の処方に必要なフィラリアの検査の重要性についてまとめています。

 


フィラリア症とは

フィラリア症は、蚊が媒介するイヌフィラリアが心臓や肺の動脈に住み着くことで引き起こされる様々な病気の総称です。咳が出るようになったり、尿に血が混じったり、時に急激な症状の悪化がみられることがあります。

フィラリア症の詳細については、下記のリンクを参考にしてみてください。製薬会社のサイトになりますが、正確な情報が分かりやすくまとめられています。一読することで理解が深まると思います。動画での配信もあるようです。

 外部サイトにリンク



当院で摘出したフィラリア成虫(1頭分)

 

 

フィラリア検査と予防薬

フィラリア検査では、採血をしてフィラリアに感染しているかどうか調べます。検査方法としては、ミクロフィラリアを顕微鏡で検査する方法や、免疫反応を利用してフィラリア抗原を検出する方法などがあります。一方で、フィラリア検査はなぜ毎年する必要があるのか?薬だけもらえないのか?という質問をたまに頂きます。回答としては、フィラリア症予防薬が薬事法で「要指示薬」に指定されており、制限事項として「フィラリア感染の有無を検査すること」とされているため、検査にて感染がないことを確認してから、お薬を処方する必要があります。

フィラリア検査の際に、一緒に血液検査をすることもできます。詳しくは健康診断のページをご覧ください。

 

重要!

「要指示薬」とは、薬事法で獣医師の指示なしに処方できない薬をさします。かかりつけの獣医師の指示に従い正しく使用しましょう。また、予防薬の投薬もれなどでフィラリアに感染してしまった場合、上記の検査を経ずに投薬することで、感染フィラリアの死滅による急性の激しいアレルギー反応が起こる危険性があります。万が一の場合に備え、かかりつけの動物病院で処方してもらうほうがよいでしょう。

 

 

 

各予防薬の価格について

 

生活スタイルや内服のしやすさなどで様々な予防薬があります。予防薬は一か月に一回使用します。

 




 ご不明な点がありましたら、当院獣医師までご相談ください。

 

2021年12月17日金曜日

2021年年末年始の診療のご案内

2021年年末年始の診療のご案内


今年の年末年始は以下の予定で診療を行います。


新年の診療は1月4日からになります。ご注意ください。

ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。


ご不明な点がありましたら当院までご連絡ください。

☎045-951-2380


追記

カレンダーの配布は12月15日をもって終了いたしました。ありがとうございました。


井上動物病院 井上 快